​校長ご挨拶

​校長ご挨拶

こんにちは!
おさかな小学校の校長、「すーさん」です。

 

子どもの頃から、自然のなかで過ごすことと、ものを作ることと、食べることが大好きです。

東京で生まれ育ちましたが、夏休みはテントをかついで山に登って、キャンプをしたりするのが楽しみでした。

 

高校生の頃は、農家さんのお手伝いにいって、田植えや稲刈り、ニワトリをさばくのを体験したりしました。

 

大学生になったある日、雑誌で『世界の漁業が危うい』という特集を読んで、海や魚に興味を持ちました。

そして、大学を1年お休みして、三重県で、見習い漁師さんとして船に乗りました。

 

毎朝、船に乗って魚をとりに行くのはとても面白くて、わくわくする毎日でした。

港で食べる、とれたての魚で作った朝ご飯は最高です。

 

でも、漁師さんたちと話していると、昔にくらべて魚がとれなくなっているそうで、心配にもなりました。

 

ぼくが生まれ育った東京では、魚はスーパーで買ってくるもの、です。

それまで、誰がどのようにとって、どんなふうに運ばれてくるのか、考えたことありませんでした。

漁師見習いの生活をしながら、とった魚がどうやってみんなの口に入っているんだろう?と思いました。

 

その後、築地の魚市場で魚を売り買いする仕事をしたり、『海のエコラベル』を推進しているMSCという団体で働いたりしているうちに、だんだんと子どもたちに海や魚のことを伝えたい!という気持ちになってきました。

 

そうやってできたのが『おさかな小学校』です。

 

みなさんが大人になったときにも、海がきれいで、おいしい魚が食べられる世界であってほしい。

そういう世界を実現するためには、まずは「知ること」が大切だと思います。

 

おさかなという身近な食べ物を入口にして、海のこと、魚のこと、私たちと海とのつながりのことを、考えてみませんか?

 

おさかな小学校 校長

鈴木 允

プロフィール

鈴木 允(すずき まこと)

1980年      東京生まれ

1993年~1999年 武蔵中学校高等学校

1998年               人民大学附属高等中学短期留学

1999年~2005年 京都大学総合人間学部

                             在学中に1年間漁師見習い経験

2005年~2013年 大都魚類株式会社

2013年~2015年 東京大学大学院農学生命科学研究科 農学国際専攻 国際水産開発学研究室

2013年~2019年 MSCジャパン

2019年               日本漁業認証サポート設立

2021年               一般社団法人日本サステナブルシーフード協会設立

鈴木さん.jpeg